メッセージ

日々の営みは、良きにせよ悪しきにせよ、『習慣』となり、それはあなた独自のパターンとなります。

28歳の春に、2つ目の大学を卒業し、夏にライズを開業。
カイロプラクティックや整体を提供するには立派すぎる。ともいえる癒しのお店を建てました。

怖いもの知らずだった私は夢の実現しか眼中になく、多くの『サイン』や『内なる声』が伝えてくれる『前兆』よりも、
なにがなんでも、最高のカイロプラクティックオフィスを創る!この一点に夢中になっていました。手段を択ばずに。。

学生時代に子供も授かり、何かが私の中で欠落していた時代。

オープン3日前、資金はレジ金5万円を残し、全てを使い切っての開業。
そこから5年。無我夢中で日々の施術と業界活動に没頭し、ライズは盛業します。
そして、隣の地面も購入し、子供たちが育った居住スペースもサロンにリフォーム。
母屋丸ごと癒しの場となりました。